本文へ移動

2020年おすすめ作品

影絵舞台劇

影絵劇「スイミー」「モチモチの木」「このゆびとまれ」

名作絵本の影絵体験を組合せ

影絵劇「スイミー」「モチモチの木」「このゆびとまれ」

上演時期/通年

上演時間/80分(休憩あり)

【音楽物語「スイミー」】

◆名作絵本「スイミー」が、美しい影絵となって新しく生まれ変わります。作品全体がストリー性のある組曲風の音楽で綴られており、気品高い音楽劇となっています。

また、スイミーが海の中を自由に泳ぐ様子や、登場するさまざまな海の動植物を、画期的な人形操作技術を駆使して表現しています。人気絵本スイミーが、生き生きとした影絵ファンタジーとして鮮やかに生まれ変わります。

◆監修/山崎靖明 原作/レオ・レオニ 訳/谷川俊太郎 演出/小森美巳 演出助手/神山晃人
影絵美術/伊藤行也 音楽/小森昭宏 歌と声の出演/岸田今日子 歌/真理ヨシコ

音楽物語「モチモチの木」

◆齊藤隆介、滝平二郎の名コンビによる絵本童話モチモチの木が、大きなスクリーンに映し出されます。滝平二郎の切り絵キャラクター、児童歌の代表的作詞家である香山美子書き下ろしの素晴らしい歌などが見事に溶け合い、ドラマチックな影絵人形劇が展開します。
豆太の愛と勇気が、光と音のハーモニーとなって感動の渦を巻き起こします。

◆監修/山崎靖明 原作/斎藤隆介 切り絵/滝平二郎 脚色/香山美子 演出/小森美巳 演出助手/神山晃人
影絵美術/伊藤行也 音楽/小森昭宏 歌と声の出演/友竹正則、真理ヨシコ、三輪勝恵

音楽物語「モチモチの木」は厚生省中央児童福祉審議会推薦作品(昭和62年)

人間影絵「このゆびとまれ」

◆日本で最初に劇団影法師が光と影によるニューパフォーマンスとして創り上げた人間影絵。手・身体のすべてを使ってスクリーンには動物や恐竜…いろんな影が現れます。あっという驚き、あれという不思議、おおという感動、イメージをかきたてられ、心を揺さぶられる子どもたち。

◆監修/山崎靖明 演出/山口泰央 影絵美術/柴廣義 音楽/五十嵐白林

TOPへ戻る